北陸の蔵元・地酒 > 伊藤酒造:福井の大いなる自然から生まれる「越の鷹 純米酒」

伊藤酒造:福井の大いなる自然から生まれる「越の鷹 純米酒」

商品コード : 19635G002
価格 : 円 (税込円)
※未成年者へのお酒の販売はいたしません。お酒は20歳になってから。※内容量をお選び下さい。
数量
 
内容量


福井の大いなる自然から生まれる

越の鷹 純米酒

伊藤酒造

―『越の鷹』の由来―
鷹とは古き時代より霊鳥・鳥類の中でも最強のつわものとして人々に崇められ、時には狩猟として深く人間と結びついていました。
福井藩主が当地で鷹狩りした由来もあり、創始者が越の国に大きく力強く羽ばたく『鷹』のようになりたいと、『越の鷹』と命名いたしました。


―純米酒―
福井県産米と「うららの酵母」でできたお酒です。
蔵元杜氏として今年で10年を迎え、一人で各蔵元の杜氏にお話しをうかがい、御指導を仰ぎ続け、初めて県新酒研究会において入賞したお酒です。 すっきりした味わいの純米酒。
米の旨みと甘みを存分に感じられる丁寧な作りです。
また、食事の邪魔をしないのでどんなシーンでもぐいぐいお飲みいただけます。
焼き魚はもちろん、ハンバーグやオイル系のパスタにも合います。
毎日気軽にお飲みいただける日本酒です


■商品名…越の鷹 純米酒
■原材料…米、米麹
■使用米…米麹五百万石21%、こしひかり79%
■日本酒度:+3(やや辛口)
■おすすめの飲み方…燗酒、冷酒
■精米歩合…60%
■アルコール度数…15度

※未成年者へのお酒の販売はいたしません。お酒は20歳になってから。

※720mlと1800mlのものがございます。内容量をお選び下さい


伊藤酒造合資会社-----福井県福井市
福井藩の菩堤寺「大安禅寺」ちかく九頭龍川近くに蔵がたっております。
明治から大正の時代、醸造しました日本酒を川から三国湾まで川舟で運び、そこから京都や新潟など運輸業も合せて営んできました。時代が流れ交通の発達により川舟による運輸は衰退し、酒造業に力を入れることになり、上品な辛口の上選、燗酒・常温に適している金印、冷酒のキリっとしまる生貯蔵酒を灘・伏見に販売いたしておりました。
近年におきましては、蔵元が自ら杜氏として酒造りに携わる事により、蔵元の思いを直にお酒に醸し出す事ができました。
酒米は福井市高須城地区で栽培された地元産を使用し、国見岳の伏流水を仕込み水として使用。
地元福井にこだわる蔵です。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

他の「伊藤酒造」の商品

伊藤酒造:福井の大いなる自然から生まれる「越の鷹 ひやおろし」

伊藤酒造:福井の大いなる自然から生まれる「越の鷹 ひやおろし」

※未成年者へのお酒の販売はいたしません。お酒は20歳になってから。※内容量をお選び下さい。

1,400円 (税込1,512円)

伊藤酒造:福井の大いなる自然から生まれる「越の鷹 薫酒 大吟醸」

伊藤酒造:福井の大いなる自然から生まれる「越の鷹 薫酒 大吟醸」

※未成年者へのお酒の販売はいたしません。お酒は20歳になってから。※内容量をお選び下さい。

2,000円 (税込2,160円)